●講師プロフィール

会員コーナートップへ
渡辺講師

渡辺 和彦(わたなべ かずひこ)

■略歴

元兵庫県立農林水産技術総合センター部長、 元東京農業大学客員教授

兵庫県立農業大学校嘱託、 吉備国際大学非常勤講師

(一社)食と農の健康研究所所長、(一社)オーガニック認証センター理事


農学博士  植物栄養生理、微量要素の第一人者 食と農(ミネラルと人の健康)に造詣深く啓蒙中。

「野菜の要素欠乏・過剰症」、「原色生理障害の診断法」、「農業技術大系・土壌施肥編」、「ミネラルの働きと人間の健康」、「人を健康にする施肥」(総合監修)他海外を含む著書多数執筆

■講師メッセージ

堆肥を施用しても微量要素を葉面散布等で施用した方が良いことが多くあります。
また、多量要素でもマグネシウムやイオウ不足の土壌も多く認められます。
また、驚かれるでしょうが、野菜でもケイ素を施用した方が良いこともあります。肥料学も日々進歩しています。
施肥技術講習会に参加していただき、ぜひ肥料ミネラルの最新知見を学んでください。

後藤講師

後藤 逸男(ごとう いつお)

■略歴

東京農業大学名誉教授 東京農大発椛S国土の会代表取締役

「全国土の会」 会長 (農家のための土と肥料の研究会)


農学博士  土壌学及び肥料学を専門分野とする。土壌病害の総合防除対策、土壌改良資材の研究開発。

農業生産現場に密着した実践的土壌学を目指す「土壌学概論」、「施肥管理と病害発生」(共著)他多数執筆

■講師メッセージ

わが国では、農耕地土壌の肥沃度が二極化しています。園芸土壌はリン酸やカリ過剰で「メタボ化」、水田土壌は逆に地力低下が目立ちます。
今こそ、これまでの「土づくり」を「健康な土づくり」に変える必要があります。そのためのツールが土壌診断です。
施肥技術講習会では、土壌診断の方法、土壌化学性分析項目とその結果に基づく土壌改良と施肥管理、土壌改良資材の特性と使い方などについてお話しします。

小川講師

小川 吉雄(おがわ よしお)

■略歴

元茨城県農業総合センター園芸研究所 所長

鯉淵学園農業栄養専門学校教授


農学博士  土壌・肥料学、米麦・畑作物栽培等を専門分野とする。

窒素循環の再生技術を研究、農業と環境問題を研究。

「土壌肥料用語事典」、「地下水の硝酸汚染と農法転換」、「トコトンやさしい土壌の本」(共著)他多数

■講師メッセージ

今、私たちは地球温暖化などの気候変動、貴重な生物種の絶滅危機、化学合成物質の自然や人間への影響、そして食料における質・量と安全性の確保など、多くの課題に直面しており、それらに対する対応が求められています。
施肥技術講習会では農業生産と環境とのかかわりの中で、物質循環の視点から問題点を整理し、環境保全型農業をすすめるための施肥管理技術を探っていきます。

六本木講師

六本木 和夫(ろっぽんぎ かずお)

■略歴

元埼玉県農林総合研究センター園芸研究所果樹担当部長

元女子栄養大学非常勤講師、 日本石灰窒素工業会技術顧問


農学博士  野菜、果樹の土壌診断及び効率的施肥管理技術の研究に従事

農業経営を通じ、現場で役立つ施肥管理技術を実践。

「野菜・花卉の養液土耕」(共著)、「リアルタイム診断と施肥管理」、「土壌肥料用語事典」他多数執筆

■講師メッセージ

栽培期間が長く施肥量の多い園芸作物は葉色等から栄養状態の判断が難しく、その場で診断できる技術が必要である。
果菜類、花き、果樹等を対象に葉柄汁液中の硝酸イオン等のの成分を簡易に測定するリアルタイム栄養診断及びリアルタイム診断を活用した養液土耕栽培(かん水同時施肥)について紹介します。
供に無駄のない効率的な施肥管理であり、多くの全肥商連会員の方々に役立つことを願っております。