TOP > 組織案内

組織案内

会長挨拶

  • 会則
  • 理念
  • 概要


全国肥料連合会会長 上杉 登

一般社団法人
全国肥料商連合会
会長 上杉 登


謹賀新年
 いつも全肥商連の活動にご理解とご協力を頂き誠に有難うございます。
 本年も旧年にましてご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
 昨年度の全肥商連のトピックとして、1.60周年記念式典の開催による存在感のアピール 2.会員のレベル向上と営農普及の官民協働を目標とした新・施肥技術講習会の立ち上げ 3.特別プログラムによる都道府県部会の活動活性化4.全肥商連出版著書「人を健康する施肥」全文が国際肥料協会のWebSiteに掲載されたことを挙げることができます。

 60周年記念式典では、全肥商連の活動を通して日本農業の発展に貢献された23名が表彰されました。滋賀県野矢商店野矢善章会長、熊本県児藤商店児藤雅俊社長、静岡県豊田肥料豊田富士雄社長の3名は農林水産大臣感謝状を受賞されました。長年に亘る地道な活動に改めて敬服する次第です。また、約400名の参加者は鰹ャ西美術工藝社デービッド・アトキンソン社長による「新・観光立国論」の基調講演に聞き入り、小泉進次郎衆議院議員、二宮尊徳7代目子孫中桐万里子リレイト代表も参加したパネルディスカッション「さあ 動こう!そこに未来がある」に耳をそば立てました。インバウンド(訪日外国人観光客)が想定より早く2,000万人を超えたことによる地方経済復活、また新農政・秋の陣による大変革への期待もあり会場は大きく盛り上がりました。記念祝賀会では、石破茂地方創生大臣はじめ政官民の方々から激励の祝辞を賜りました。本当に有難いことです。
 施肥技術講習会では、昨年までに1,604名の施肥技術マイスターが誕生しましたが、171名の普及指導員も受講され官民協働による営農促進の基盤を作ることができました。昨年11月には新・施肥技術講習会に基づく実学コースの講習会をスタートしましたが、73名のシニア・マイスターが誕生します。更なる前進です。
 全肥商連は平成26年度から都道府県部会活動の活性化を支援するため特別プログラムによる財政援助をしてきておりますが、26年・27年の両年で20県部会・1団体がこのプログラムを活用した独自研修会を県及び地域活動に組み入れて頂いております。この連携こそ明日に向かう全肥商連の命そのものかと思うところです。次世代の方々の積極的な参加をお願いいたします。
 「人を健康にする施肥」は発刊当時においては余りにも大胆なタイトルとのコメントもありましたが、その後分子生物学、植物生理学の研究が世界的に進んだ結果、窒素、リン酸、カリ始め微量要素のヒトの体への効用メカニズムが続々報告されています。東京農業大学元客員教授渡辺和彦先生は「施肥は長寿ホルモンの力を借りて人を健康にした」と新・施肥技術講習会の中で新発見を説明されています。肥料業界に身をおく私どもにとっては、大きな勇気を与えてくれています。

 政府・自民党は平成26年6月に「攻めの農業」の骨格を発表しましたが、第1の矢が全国農協中央会組織改革としますと、第2の矢は生産資材及び農産物流通において圧倒的な市場シェアを有する全農組織改革となります。全農改革案のポイントは、1.生産資材の購買部門の縮少 2.資材業界・米業界の再編促進 3.農産物委託販売から買取販売への転換などです。数値目標を明記した年次計画の策定・公表を求め、農水省が定期的に点検する仕組みをつくりますが、平成31年5月までと定められた「全農自主改革」の進捗状況に厳しい視線が向けられます。
 政府は昨年11月29日の農林水産業・地域の活力創造本部にて「農業競争力強化プログラム」を決定しましたが, 農産物の価格下落による農家収入を担保する収入保険制度関連法案を今年国会に上程するなど「攻めの農業」を一層促進します。米の生産調整廃止に伴ういわゆる「30年問題」とも重ね合わせて見てみますと、今年は翌年に“つなぐ”極めて重要な年といえます。
 今年の全国研修会は7月6日(木)7日(金)の両日熊本県熊本市にて開催いたします。熊本地震から1年経ち復興の姿を是非とも見て頂きたいと熊本県部会始め全肥商連九州の会員全員に加え“くまもん”も皆様の来熊をお待ちしております。
 NANA倶楽部(全肥商連英語名の頭文字を表したもの)は全肥商連九州を立ち上げた平成25年11月に農と食の架け橋事業を促進するために創設したもので、農業者及び食品業者との連携を活動目標においております。宮城大学大泉一貫名誉教授は昨年度の全肥商連総会記念講演において、平成42年には販売農家は40万戸、水稲農家は10万戸まで確実に減少する。日本は欧州の成熟型先進国農業をモデルとして、一刻も早くフードチェーンを立ち上げマーケットイン型農業に移行すべきである。肥料商はチェーンマネージャーとしてフードチェーン全体をコーディネートする機能を発揮しては如何と提言されています。平成32年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてインバウンドの著しい増加、地域表示食品・機能性農産物に対する高い評価など国内需要の新たな発展も十分期待できます。いよいよNANA倶楽部の出番です。

 本年は酉年です。干支の話では、猿と犬との喧嘩の仲裁に忙しく10番目にいますがその鳴き声は不吉な夜の終わりを告げるので縁起のよい年と言われております。先行きが見通せないこの頃ですが、内外情勢を見ますと明らかに新たな時代の到来を強く感じます。酉年にあやかって“運”を味方につけ、力を合わせ、新たな時代に向けて飛躍しましょう。
(注)NANA,Japan:National Association Networks for Agriculture of Japan





一般社団法人 全国肥料商連合会
会長 上杉  登

一般社団法人 全国肥料商連合会((社)全肥商連)組織案内

平成28年9月30日現在


所 在 地
〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-1 お茶の水K.Sビル
TEL 03-3817-8880
FAX 03-3817-8882
正 会 員
都道府県部会  40部会
元売商社     11社
賛助会員
製造業者     26社
準会員
12社 2団体
事業内容
(1)肥料の円滑なる流通と安定供給に関する研究及び推進
(2)会員の事業に関する国会及び官庁並びに関係諸団体との連絡、建議及び陳情
(3)会員の事業に関する経営技術及び経済的地位の改善向上のためにする知識の普及・情報の提供
(4)技術指導員育成並びに研修事業
(5)福利厚生に関する事業
(6)その他目的達成上必要とする事業
予算規模
4,985万円(平成28年8月1日〜平成29年7月31日)
あ ゆ み
【組  織】
昭和30年 8月  全国肥料商連合会(全肥商連)設立
昭和40年11月  全国肥料商業組合連合会(肥料商連)設立
昭和47年 2月  全国農業技術員協議会(全農技協)設立
平成23年 1月  全国農業技術員協議会(全農技協)解散
平成23年 1月  全国肥料商連合会(全肥商連)解散
平成23年 1月  一般社団法人全国肥料商連合会(全肥商連)設立
平成24年 6月  全国肥料商業組合連合会(肥料商連)解散

【活  動】
昭和38年 7月  第1回農業専門技術者肥料講習会(全国研修会の前身)開催
昭和44年 8月  全肥商連認定農業技術員制度発足
平成13年 7月  「肥料販売 50年の歩み」編纂
平成22年 7月  メールマガジン配信開始(平成28年6月末現在 112号配信)
平成23年 7月  ブロック別全国研修会スタート(於:熊本)
平成23年 8月  技術員制度(施肥技術マイスター制度)発足、第1回施肥技術講習会開催(平成28年度6月末現在16回開催)
平成23年11月  ホームページ開設(本部)(都道府県ホームページ:全肥商連九州、徳島県部会)

【周年行事】
昭和39年 8月  創立10周年 農林大臣感謝状4、通産大臣表彰17、中小企業庁表彰17
昭和45年 8月  創立15周年 創立・永年功労表彰(会長賞)
昭和50年 8月  創立20周年 農林大臣感謝状5、農蚕園芸局長感謝状12
昭和60年 9月  創立30周年 農林水産大臣感謝状7、農蚕園芸局長賞15、30周年記念誌上梓
平成 7年 9月  創立40周年 農林水産大臣感謝状8、農蚕園芸局長賞18
平成28年 7月  創立60周年 農林水産大臣感謝状3、農林水産省生産局長感謝状3、全国肥料商連合会会長感謝状17

【出版事業】
昭和44年12月  施肥技術指導員用テキスト「土地・肥料」初版発行
昭和51年 3月  技術冊子「ひろがる農業」第1号発刊(全農技協)
昭和58年 7月  全肥商連「肥料流通の歩み」出版(於:第20回中央肥料講習会記念)
平成 3年12月  施肥技術指導用テキスト「施肥の理論と実際」初版発行
平成 6年11月  「土づくりと土壌改良資材」(全肥商連・全農技協共著)発行
平成22年 5月  「施肥の理論と実際」第8版発行
平成23年 2月  「ひろがる農業」第131号(最終版)発行
平成24年 7月  施肥技術講習会教材「土と施肥の新知識」初版発行
平成27年 3月  「人を健康にする施肥」初版発行
平成27年 8月  「人を健康にする施肥」第2版発行
平成28年 6月  「土と施肥の新知識」第5版発行

役  員
(平成27年9月11日〜 理事は2ヶ年、監事は4ヶ年)
会  長
全国肥料連合会会長 上杉 登
上杉 登
(専任)


副 会 長
小泉 潔
小泉 潔
(元売・
三井物産(株))
西谷 貴彦
西谷 貴彦
(元売・
三菱商事(株))
飯田 進作
飯田 進作
(北海道・
(株)日の丸産業社)


豊田 富士雄
豊田 富士雄
(静岡県・
豊田肥料(株))
児藤 雅俊
児藤 雅俊
(熊本県・
(株)児藤商店)


常務理事
西出 邦雄
西出 邦雄
(専任)


理  事
神山 定寿
神山 定寿
(元売・
サンアグロ(株))
松下 真治
松下 真治
(元売・
住商アグリビジネス(株))
木村 理
木村 理
(元売・
昭光通商アグリ(株)))


豊嶋 博美
豊嶋 博美
(北海道・
(株)丹波屋)
渡辺 嘉章
渡辺 嘉章
(岩手県・
(株)渡嘉商店)
福田 大輔
福田 大輔
(宮城県・
(株)福田商会)


小嶋 正八郎
小嶋 正八郎
(山形県・
小嶋商事(株)社長)
山本 真一
山本 真一
(福島県・
山本商事(株))
高橋 禮司
高橋 禮司
(栃木県・
高橋商事(株))


柴沼 啓子
柴沼 啓子
(茨城県・
(株)アグリサクセス柴沼)
塩野谷 憲司
塩野谷 憲司
(千葉県・
塩野谷周太郎商店)
五十嵐 康之
五十嵐 康之
(新潟県・
(株)ネイグル新潟)


薮崎 宰一
薮崎 宰一
(静岡県・
藪崎産商(株))
高松 正敏
高松 正敏
(愛知県・
師定(株))
加藤 眞八
加藤 眞八
(三重県・
(株)カネ八商店)


野矢 善章
野矢 善章
(滋賀県・
(有)野矢商店)
多賀 正泰
多賀 正泰
(岡山県・
西日本日紅(株))
吉見 誠記
吉見 誠記
(徳島県・
(株)ヨシミ)


稲生 久司
稲生 久司
(福岡県・
万来屋物産(株))



監  事
福田 善久
福田 善久
(元売・
シーアイマテックス(株))
鈴木 望文
鈴木 望文
(元売・
小西安農業資材(株))



副 理 事
井上 官(北海道・(株)日の丸産業社)

中島 靖男(北海道・北海道日紅(株))

宮本 和明(千葉県・宮本商事(株))

水谷 久美子(静岡県・日本オーガニック(株))

小浦 市郎(大阪府・小浦産業(株))

立石 晃一(香川県・立石商事(株))

宮原 茂行(佐賀県・(資)宮原商店)



本部事務局
会  長     上杉  登

常務理事兼
事務局長
    西出 邦雄

参  与    田中 和夫

総務・経理   山田 めぐみ

組織図

一般社団法人全国肥料商連合会 社員一覧

都道府県部会

番号 都道府県 部 会 長 所 属 会 社
1 北海道部会 飯田 進作 (株)日の丸産業社
2 青森県部会 松尾 彰平 (株)みちのく松善
3 岩手県部会 渡辺 嘉章 (株)渡嘉商店
4 宮城県部会 福田 大輔 (株)福田商会
5 秋田県部会 鈴木又五郎 (株)鈴木又五郎商店
6 山形県部会 小嶋正八郎 小嶋商事(株)
7 福島県部会 山本 真一 山本商事(株)
8 茨城県部会 砂押 武昭 砂押アグリン(株)
9 栃木県部会 高橋 禮司 高橋商事(株)
10 群馬県部会 山田 輝敏 群馬協同(株)
11 埼玉県部会 横田 健司 大宮肥料(株)
12 千葉県部会 塩野谷憲司 (株)塩野谷周太郎商店
13 東京都部会 奥村 友三 奥村商事(株)
14 神奈川県部会 小泉 早秋 小泉肥料店
15 山梨県部会 斎藤 武治 三階屋(株)
16 新潟県部会 五十嵐康之 (株)ネイグル新潟
17 石川県部会 中村 哲郎 日栄商事(株)
18 富山県部会 岡本清右衛門 (株)岡本清右衛門商店
19 岐阜県部会 大橋 勝廣 (株)片野商会 
20 静岡県部会 藪崎 宰一 薮崎産商(株)
21 愛知県部会 高松 正敏 師定(株)
22 三重県部会 加藤 眞八 (株)カネ八商店
23 滋賀県部会 野矢 善章 (有)野矢商店   
24 京都府部会 古川 善洋 古川末三郎商店
25 大阪府部会 藤光 淳慈 (株)農産アグリーン
26 兵庫県部会 高島隆三郎 (株)シマヤ
27 奈良県部会 松本 博臣 松本肥料店
28 鳥取県部会 朝倉 伸一 (有)朝倉本店
29 島根県部会 赤井耕太郎 赤井商事(株)
30 岡山県部会 柴田 洋志 日植アグリ(株)
31 山口県部会 小野 昌志 (有)小野商店
32 徳島県部会 吉見 誠記 (株)ヨシミ
33 香川県部会 石原 敏夫 (株)石原林造商店
34 愛媛県部会 渡部 靖 村上産業(株)
35 高知県部会 横山 修二 清和肥料工業(株)
36 福岡県部会 稲生 久司 万来屋物産(株)
37 佐賀県部会 宮原 茂行 (資)宮原商店
38 熊本県部会 田中秀一郎 ヒノマル(株)
39 宮崎県部会 菊池慎一郎 (資)菊池商店
40 鹿児島県部会 西迫 浩富 九州日紅(株)

元売商社

41 片倉コープアグリ(株)   47 住友商事(株)
42 小西安農業資材(株)   48 三井物産(株)
43 サンアグロ(株)   49 三井物産アグロビジネス(株)
44 シーアイマテックス(株)   50 三菱商事(株)
45 昭光通商アグリ(株)   51 三菱商事アグリサービス(株)
46 住商アグリビジネス(株)      

合計 51社員

事業計画

平成28年度(第7期)事業計画

 施肥技術マイスターの更新時期を向かえ、改訂版施肥技術制度への移行により施肥技術マイスターのスムーズな登録更新と、施肥技術の向上に努めます。特別プログラム実施後2年経過し、初期の目的は達しつつありますが、平成28年度特別プログラムは例年より早く公募し、都道府県部会の新たな参画と積極的な応募を促進します。行政とは官民協働案件(コスト低減支援事業・普及組織と全肥商連の連携等)及び「見える化」などを促進することで方向性が一致しており、農水省及び経産省等との研修会を開催することにしております。


1. 主要な事業


(1) 新・施肥技術講習会
  • 第17回施肥技術講習会(実学コース)

  • 第18回施肥技術講習会(  ;  )

  • 第19回施肥技術講習会(新基礎コース)

(2) 特別プログラム(継続)
  1. 第1次締切:平成28年10月7日(金)決定:平成28年10月24日(月)

  2. 第2次締切:平成28年12月23日(金)決定:平成29年1月25日(水)

(3) 事業支援
    都道府県部会活動支援及び行政が推進する官民協働案件(コスト低減事業・普及組織と全肥商連の連携等)・「見える化」などを促進する。

(4) 第53回全国研修会の開催
    開催日:平成29年7月6日(木)〜7日(金)
    開催場所:熊本市



2. 主要な行事予定

<時期><行事><会場>
(1)平成28年8月9日(火)平成27年度第4回理事会昭光通商アグリ(株)
(2)9月9日(金)第6回定時社員総会
平成28年度第1回理事会
講演会・懇親会(全複工共催)
東京ガーデンパレス
同上
同上
(3)11月29日(火)第17回施肥技術講習会東京農業大学(横井講堂)
(4)平成29年1月25日(水)平成28年度第2回理事会
平成29年賀詞交歓会
講演会・懇親会(全複工共催)
東京ガーデンパレス
同上
同上
(5)2月第18回施肥技術講習会未定(大阪or九州)
(6)5月第19回施肥技術講習会未定(東京orその他)
(4)7月第53回全国研修会熊本市

3. 追加行事(計画中)

(1)各都道府県ないしはブロックとの合同研修会

(2) 行政(農水省、経産省等)との合同研修会



平成28年度(第7期)収支予算


自 平成28年8月1日
至 平成29年7月31日

(単位:円)

科目 28年度予算 27年度決算 決算対比
事業活動収入の部
会費 41,456,400 42,456,400 -1,000,000
全国研修会費 2,500,000 5,506,000 -3,006,000
全国講習会費 4,600,000 5,786,000 -1,186,000
登録料 400,000 840,000 -440,000
教材販売 830,000 1,387,938 -557,938
受取利息 3,000 3,234 -234
その他収入 160,000 163,295 -3,295
   事業活動収入計 49,949,400 56,142,867 -6,193,467
事業活動支出の部
事業費 3,920,000 1,463,660 2,456,340
全国研修費 2,500,000 8,343,938 -5,843,938
農業技術費 5,000,000 5,392,842 -392,842
教材製作費 0 1,171,314 -1,171,314
業務費 37,425,000 37,018,855 406,145
退職金引当金繰入 1,000,000 1,000,000 0
   事業活動支出計 49,845,000 54,390,609 -4,545,609
当期収支差額 104,400 1,725,258 -1,647,858
前期繰越収支差額 15,465,997 16,213,739 -747,742
次期繰越収支差額 15,570,397 17,965,997 -2,395,600

*「会費」
  全肥商連九州設立後3年経過し、全肥商連九州支援完了

*「全国講習会」
  新施肥技術講習会を年3回開催、平成28年11月・平成29年2月・5月予定

*「事業費」
  事業支援強化/地方部会活動支援・新機能創設(官民協働案件)

*「全国研修会」
  第53回全国研修会は熊本で開催予定

*「次期繰越収支差額」
  平成27年繰越収支差額(剰余金)から「特別プログラム250万円」を特別会計に組み入れ



平成27年度(第6期)貸借対照表


平成28年7月31日

(単位:円)

科目 金額
T 資産の部
1.流動資産      
現金・預金 35,928,127    
未収入金 189,500    
   流動資産計   36,117,627  
2.固定資産      
差入保証金 2,200,000    
   固定資産計   2,200,000  
資産合計     38,317,627
U 負債の部
1.流動負債      
預り金 123,297    
仮受金 618,200    
未払金 10,141,383    
   流動負債計   10,882,880  
2.固定負債      
保証金引当金 2,200,000    
退職給付引当金 3,918,750    
   固定負債計   6,118,750  
負債合計     17,001,630
V 正味財産の部
基本金積立金 3,350,000    
一般正味財産 17,965,997    
正味財産計     21,315,997
負債及び正味財産合計     38,317,627


平成27年度(第6期)収支計算書


自 平成27年8月1日
至 平成28年7月31日

(単位:円)

科目 27年度決算 28年度予算 決算対比
事業活動収入の部
会費 42,456,400 42,436,400 20,000
全国研修会費 5,506,000 2,250,000 3,256,000
全国講習会費 5,786,000 5,700,000 86,000
登録料 840,000 1,250,000 -410,000
教材販売費 1,387,938 1,720,000 -332,062
受取利息 3,234 2,000 1,234
その他収入 163,295 120,000 43,295
   事業活動収入計 56,142,867 53,478,400 2,664,467
事業活動支出の部
事業費 1,463,660 3,300,000 -1,836,340
全国研修費 8,343,938 4,250,000 4,093,938
農業技術費 5,392,842 7,100,000 -1,707,158
教材製作費 1,171,314 0 1,171,314
業務費 37,018,855 37,790,000 -771,145
退職金引当金繰入 1,000,000 1,000,000 0
   事業活動支出計 54,390,609 53,440,000 950,609
当期収支差額 1,752,258 38,400 1,713,858
前期繰越収支差額 16,213,739 16,213,739 0
次期繰越収支差額 17,965,997 16,252,139 1,713,858

平成26年度(第5期)の貸借対照表及び収支計算書はこちら

平成25年度(第4期)の貸借対照表及び収支計算書はこちら

平成24年度(第3期)の貸借対照表及び収支計算書はこちら

平成23年度(第2期)の貸借対照表及び収支計算書はこちら


各県部会事務局の連絡先

地 区 社 名 T E L F A X
北海道部会 (株)日の丸産業社 011-862-7471 011-863-4480
青森県部会 (株)みちのく松善 0178-21-1621 0178-21-1622
岩手県部会 (株)森 019-635-3511 019-634-1064
宮城県部会 フクダ物産(株) 022-288-6438 022-288-9182
秋田県部会 出羽青石アグロ(株) 0182-24-1101 0182-24-3901
山形県部会 山形日紅(株) 023-633-3840 023-633-3845
福島県部会 事務局 0245-22-2655 0245-22-2777
茨城県部会 砂押アグリン(株) 0292-85-0311 0292-85-7333
栃木県部会 高橋商事(株) 028-655-3371 028-655-3371
群馬県部会 事務局 027-289-8423 027-289-8424
埼玉県部会 大宮肥料(株) 048-664-6161 048-663-2886
千葉県部会 かなえ商事(株) 0478-54-4741 0478-54-4742
東京都部会 (株)中村商会 03-6910-1024 03-3246-0052
神奈川県部会 小泉肥料店 0465-42-0737 0465-42-0867
山梨県部会 (株)川合商店 0552-62-2027 0552-62-2360
新潟県部会 (株)ネイグル新潟 025-274-7151 025-271-2556
石川県部会 日栄商事(株) 0762-37-5241 0762-37-4327
富山県部会 (株)石沢商事 0766-64-3011 0766-64-5575
岐阜県部会 (株)篠田商会 0582-45-4411 0582-46-5013
静岡県部会 事務局 0542-51-3875 共通
愛知県部会 事務局 052-551-8681 共通
三重県部会 事務局 0592-25-5341 0592-25-5341
滋賀県部会 (有)野矢商店 0748-23-5588 0748-22-1069
京都府部会 古川末三郎商店 0774-62-0006 0774-62-7714
大阪府部会 (株)農産アグリーン 06-6536-1677 06-6536-3654
兵庫県部会 (株)真野商店 078-681-3101 078-681-3106
奈良県部会 松本肥料店 0743-66-0045 0743-66-0025
鳥取県部会 (有)朝倉本店 0858-26-2625 0858-26-7866
島根県部会 (株)赤井商事 0854-28-8369 0854-28-8390
岡山県部会 西日本日紅(株) 086-296-6757 086-296-6191
山口県部会 山本コーポレーション(株) 0835-22-9959 0835-23-4960
徳島県部会 奥村商事(株) 088-692-5182 088-692-8988
香川県部会 (株)石原林造商店 087-821-7168 087-823-0425
愛媛県部会 村上産業(株) 0899-47-3111 089-933-6481
高知県部会 清和肥料工業(株)四国(営) 088-847-2295 088-847-2275
福岡県部会 万来屋物産(株) 0942-44-6101 0942-44-6353
佐賀県部会 九州日紅(株)佐賀支店 0952-51-3121 0952-51-3124
熊本県部会 ヒノマル(株)  096-372-5110 096-364-1756
宮崎県部会 (資)菊池商店 0985-24-1567 0985-75-0131
鹿児島県部会 九州日紅(株) 099-267-2361 099-267-2360

関連企業・団体の連絡先

元売商社
社名 TEL FAX
三井物産(株)機能化学品本部肥料事業部 03-3285-5473 03-3285-9831
三菱商事(株)汎用化学品本部肥料ユニット 03-3210-8302 03-3210-8337
住商アグリビジネス(株)業務本部業務部 03-5839-2405 03-3865-7707
片倉コープアグリ(株)肥料本部肥料業務部 03-5216-6613 03-5216-6621
三井物産アグロビジネス(株) 03-4413-3100 03-4413-3125
サンアグロ(株)肥料本部 03-3510-3605 03-3273-8431
シーアイマテックス(株)肥料事業部 03-5159-3750 03-5159-3752
小西安農業資材(株)営業本部 03-3666-7730 03-3667-2920
住友商事(株)肥料部 03-5166-5562 03-5166-6393
昭光通商アグリ(株)肥料農材部 03-3459-5111 03-3459-5395
三菱商事アグリサービス(株) 03-5275-5511 03-5275-5558

賛助会員(肥料メーカー)
社名 TEL FAX
JFEケミカル(株) 03-5820-6500 03-5820-6520
兼松アグリテック(株) 0480-21-2401 0480-22-4086
関東電工(株) 027-346-2223 027-346-0146
貴島産業(株) 06-6720-1900 06-6720-1901
サンアグロ(株) 03-3510-3605 03-3273-8431
三興(株) 0791-52-0037 0791-52-1816
住友化学(株) 03-5543-5783 03-5543-5944
清和肥料工業(株) 06-6203-6811 06-6229-0359
セントラル化成(株) 03-3259-2400 03-3259-2426
大東肥料(株) 0965-52-2111 0965-52-2116
太陽肥料(株) 0479-46-3111 0479-46-3116
多木化学(株) 03-3541-2775 03-3541-2764
ジェイカムアグリ(株) 03-5297-8910 03-5297-8908
デンカ(株) 03-5290-5555 03-5290-5079
ときわ化研(株) 03-3263-8530 03-3263-8538
日新化成工業(株) 0533-68-6671 0533-68-6675
日東エフシー(株) 052-661-4381 052-652-0348
日本液体肥料(株) 048-667-3390 048-664-1279
日本カーバイド工業(株) 03-5462-8200 03-5462-8265
日本肥料(株) 0725-41-0105 0725-43-3088
エムシー・ファーティコム(株) 03-3263-8530 03-3263-8538
福栄肥料(株) 03-3844-7021 06-6413-1333
明京商事(株) 03-6662-5611 03-5217-1411
日本アルコール産業(株) 03-5641-5255 03-5641-5256
ミヒネロン(株) 029-259-5515 029-259-5517
大洋化学工業(株) 0766-67-0177 0766-68-1227

準会員
社名・団体名 TEL FAX
(株)加来商店 0978-62-2080 0978-62-2081
赤羽産業(株) 0263-25-1211 0263-25-9192
大信産業(株) 0848-46-0714 0848-46-0627
山口物産(株) 0957-36-1872 0957-36-2608
清和商事(株)長崎営業所 0957-25-3822 0957-25-3833
日栄商事(株)福井支店 0776-24-1217 0776-24-1202
(財)日本GAP協会 03-5215-1112 03-5215-1113
(株)みらい蔵 097-578-1155 097-578-0890
(株)原田アグロビジネス 0267-98-3100 0267-98-3100
山本コーポレーション(株) 0848-20-3121 0848-20-3122
丸西産業(株) 0265-22-3085 0265-52-0449
(株)内田食品 0980-82-1343 0980-82-9920
(公社)日本農業法人協会 03-6268-9500 03-3237-6811
丸益穀肥(株) 0736-75-4116 0736-75-3580

肥料関係団体
社名・団体名 TEL FAX
日本肥料アンモニア協会 03-5297-2210 03-5297-2230
全国複合肥料工業会 03-5543-0806 03-5543-0807
日本石灰窒素工業会 03-5207-5841 03-5207-5843
珪酸石灰肥料協会 045-315-6093 045-315-6098
(一財)日本土壌協会 03-3292-7281 03-3219-1646
(一財)肥料経済研究所 03-5297-5696 03-5297-5697
(公財)日本肥糧検定協会 03-5916-3833 03-5916-3828
(一社)日本土壌肥料学会 03-3815-2085 03-3815-6018
(公財)肥料科学研究所 03-6272-6002 03-6272-6003
全国土壌改良資材協議会 03-3292-7281 03-3219-1641
トモエ肥料販売協同連合会 03-3239-06410 03-3263-8538
上へ
  • 概要
  • 事業計画
  • 会則