TOP > 組織案内

組織案内

会長挨拶

  • 会則
  • 事業計画
  • 組織案内


全国肥料連合会会長 山森 章二

一般社団法人
全国肥料商連合会
会長 山森 章二


 平成30年1月17日に東京・御茶ノ水の東京ガーデンパレスで行われました総会で上杉登前会長の後任の会長に選任頂きました山森章二でございます。
 
 暫く前職のエムシー・ファーティコム(株)の社長、顧問を兼任しておりましたが、6月1日より、全肥商連会長専任となり、東京の御茶ノ水の事務所に毎日出勤しております。これから会員の皆様のお役に立てるよう微力を尽くす所存でございますので、何卒ご指導、ご支援の程宜しくお願い申し上げます。
 
 さて、全肥商連は過去10年の間に、上杉前会長始め理事、会員、関係者の皆様のご尽力並びに多くの方々から頂いたご指導、ご支援により、その活動内容がより充実したものとなり、また業界における存在感も一段上がったのではないかと感じております。先ずは、日頃ご多忙な皆様が業務の合間をぬって当連合会並びに各地の部会等の活動にお時間を割いて頂いておりますことに改めて深謝申し上げます。各地の皆様のお力の結集がそのまま当連合会の発展に繋がっているものと確信しております。
 
 肥料業界を巡る環境は、年々厳しさを増していた処に、一昨年の肥料価格の大幅な値下げ以降肥料商もメーカーも元売りも最低限の利益さえ確保することが困難な状況となり、特に汎用品の肥料ではどの段階でも利益が全く取れない様相を呈しており、生き残る為には新たな知恵を出して行かなければならない局面に差し掛かっているものと思います。また、利益を出しにくい現実を目の当たりにして、なかなか跡継ぎ候補が現れずに廃業を余儀なくされる肥料商の方がいらっしゃる状況であることも承知しております。
 
 しかし、例えば系統肥料の状況を段階別に見てみますと、これは私独自の見方に過ぎないかも知れませんが、川上・川中ではメーカーの絞り込み、集中購買、銘柄集約、エリア対応、配送の大型化、組織統合など、あらゆる合理化策を最優先で推し進めなければならない一方で、組織のスリム化などの独自の課題を既に抱える川下としては川上・川中からの新たな大きな流れを受けとめつつ生産者を前に現場対応しなければならないので、非常に難しい状況に直面しているのであろうと推測されます。
 
 例えばここに肥料商のチャンスの一つがある、ここで肥料商のチャンスが広がる、のではないでしょうか。肥料商は、価格競争力ある肥料の供給は勿論のこと、機能性商材を中心とする商品対応、施肥技術の指導、生産者の所得アップの提案など、きめ細かいサービスを提供することを元来得意としております。これからは、川下の方々の間でも、肥料商のこうしたサービスを積極的に求める場面が急増するのではないでしょうか。
 
 こうしたことは流れの一つに過ぎませんが、全肥商連は、時代の流れを先読みする努力をして、会員の皆様のお役に立てる企画にこれからも積極的に取り組んで行く所存です。皆様のお知恵を拝借し、お力を結集頂き、商系の大きなかたまりを是非とも築いて行きたいと思いますので、引続き宜しくお願い申し上げます。


平成30年6月1日

(一社)全国肥料商連合会
会長 山森 章二


上へ
  • 組織案内
  • 事業計画
  • 会則