Topics


●【第30回施肥技術講習会開催予定の連絡】

 6月静岡市にて開催を予定していた第30回施肥技術講習会は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、6月の開催は中止し開催時期を延期する旨ご連絡を致しました。 その後、延期の開催時期を検討してまいりましたが、以下にて開催すべく準備を進めておりますのでご連絡申し上げます。


1.日  時 2020年11月5日(木)〜6日(金)
2.場  所 静岡県産業経済会館
  〒420−0845 静岡市葵区追手町44−1
アクセス http://www.sankei-kaikan.jp/pdf/access.pdf

但し、今後のコロナウイルス感染状況により、再度延期もしくは中止となることもございますので事前にご了承頂きたく宜しくお願い申し上げます。

〈応募受付時期について〉

 正式の募集要項につきましては、8月に本メールマガジン、ホームページ、都道府県部会経由等でご案内申し上げますので、案内後にその募集要項に沿ってお申込み頂きたく宜しくお願い申し上げます。

●【新型コロナウイルスに関する政府支援措置及びガイドライン】ご参考迄以下の通りです

  

◆【新型コロナウイルスに関する政府支援措置について】

   

政府の支援措置は個人事業主のみならず農業従事者の方(個人、法人)も対象なっております。関係すると思われる主な支援策は以下の通りです。

1.持続化給付金
   ・持続化給付金に関する申請要領 中小企業等事業者向け
   ・持続化給付金に関する申請要領 個人事業者等向け

     経済産業省URL:https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html
     農林水産省URL:https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/benefit.html
     概要パンフレットはこちら⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_01.pdf

2.経営再建に必要な資金の実質無利子化・無担保化等の措置

    農林水産省URL:https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/attach/pdf/support_maff-166.pdf

3.雇用調整助成金
   ・雇用調整助成金の更なる拡充について

     経済産業省URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11041.html

   その他支援策もございますので、以下の行政HPをご参照頂きたく存じます。
  農林水産省:https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/support_maff.html
  他省庁:https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/support_government.html

  

◆【農業における新型コロナウイルス感染症への感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインの改正】

  

 農林水産省より頭書ガイドラインの改正(5月22日)の通知がございましたので、ご連絡申し上げます。農業者や雇用従業員、集出荷施設等で作業に従事している者(以下「農業関係者」という) に新型コロナウイルス感染症の患者が発生した時に、保健所(感染症担当。以下同じ) と連携して、感染拡大防止を前提として、農業関係者の業務継続を図る際の基本的なポイントをまとめたものです。
   概要はこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_02.pdf


      

◆【新型コロナウイルス感染症の発生により申告・納付が困難な場合における国税の取扱いについて】

  

 農林水産省経由国税庁より、国税の取り扱いに関するパンフレットの周知について依頼がありましたので、ご通知申し上げます。

  

 感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により厳しい状況に置かれている納税者への対応として、「現行法令に基づく期限の延長や納付の猶予等も含め、納税緩和措置等が早期に活用されるよう、引き続き、国民からの問い合わせや相談を待つだけでなく周知広報を積極的に行う」ためとのことです。/

      

○周知するパンフレット

  

「別添1 新型コロナウイルス感染症の影響で期限までに申告・納付が難しい方は簡易な手続きで期限延長が可能です」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_03.pdf

  

「別添2 青色申告をはじめませんか」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_04.pdf

  

「別添3 新型コロナウイルス感染症の影響により、国税の納付が難しい方へ納税の猶予をご利用ください」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_05.pdf

  

「別添4 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が難しい方へ納税を猶予する「特例措置」(案)」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_06.pdf

  

「別添5 欠損金の繰戻しによる還付の特例(案)」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_07.pdf

  

「別添6 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者に対する消費税の課税選択の変更に係る特例(案)」
    パンフレットはこちら ⇒ http://www.zenpi.jp/gyokai/pdf/20200526_08.pdf

      

○(参考)国税庁ホームページ

   

トップページ>新型コロナウイルス感染症に関する対応等について

   

   https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/index.htm

  

●【施肥技術講習会開催予定】現在以下にて検討中です。
    (コロナウィルス感染状況により変更あり)

 第31回施肥技術講習会 令和3年2月頃@東京(コースは未定、検討中)

 第32回施肥技術講習会 令和3年5月頃@福島県(基礎・実学混合コース)


●【第29回施肥技術講習会(第3回新基礎・実学混合コース・更新講習会)】は予定通り終了しました。

 R2年2月19日(水)〜20日(木)東京都世田谷区東京農業大学横井講堂にて第29回施肥技術講習会を開催致しました。今回は第3回目の「基礎・実学混合コース」でしたが、会員66名、県・普及指導員25名、GAP会員25名、全国土の会12名、東京農大生12名、一般24名の計164名となり、多くの方に受講頂き誠にありがとうございました。更新(実学コース)の方は31名で、内会員24名、GAP会員3名、一般4名でした。

 

講習会の様子はこちら


●全肥商連、全複工合同新年賀詞交歓会は予定通り終了しました。

 全国複合肥料工業会と一般社団法人全国肥料商連合会は1月15日、東京ガーデンパレスに於いて、新年恒例の合同賀詞交歓会を開催しました。全複工・全肥商連会員、行政、業界団体、各方面からの来賓など約250名の大勢の方にご来場頂きました。

 主催者全肥商連山森会長の来賓紹介に始まり、来賓であられる江藤拓農林水産大臣・齋藤健元農林水産大臣・宮路拓馬衆議院議員・吉村一元経産省素材産業課長よりご祝辞を頂き、全複工吉田会長の乾杯のご発声で開宴、会場は終始熱気に包まれ、新年の門出を祝いました。また、石破茂衆議院議員もお忙しい合間を縫ってご臨席頂き、ご祝辞を賜りました。


賀詞交歓会の模様はこちら


 賀詞交歓会に先立ち、現職の農林水産大臣の江藤拓衆議院議と農林水産省新井ゆたか消費・安全局長の特別講演が開催されました。新井局長には、農業を取り巻く情勢の変化・肥料取締法の改正など新たな施策についての考えをご講演頂き、江藤農水大臣には、地元宮崎県の農林水産業の思い出、日本農業の将来性と思い入れ及び農政への意気込みを、熱く語って頂きました。


特別講演会の模様はこちら


●令和元年度第2回理事会は予定通り終了しました。

 1月15日、全複工との合同賀詞交歓会に先立ち、令和1年度第2回理事会を開催致しました。

 令和1年度特別プログラム承認の件が議決されたほか、各種報告がされました。


●「令和元年全肥商連10大ニュース」発表


 「令和元年全肥商連10大ニュース」は次の通りです。
   (1) 自然災害
      (1) 想定外の規模の台風・大雨被害
      (2) 異常気温
   (2) 国際情勢の不安定化
      (1) 米中貿易戦争
      (2) 日韓関係:泥沼化
   (3) 日本の社会
      (1) 新元号令「令和」に改元
      (2) 消費増税とキャッシュレス決済
      (3) 安部首相長期政権
   (4) 農業関連
      (1) スマート農業推進
      (2) 急激な温暖化と一等米比率の低下
      (3) 豚コレラ感染拡大
      (4) 農産物輸入
      (5) 収入保険のスタート
   以下、肥料関連
   (5) 肥料取締法の改定・施用者委託配合先行
   (6) 農業用ドローンの官民協議会立ち上げ
   (7) 土づくりコンソーシアム
   以下、全肥商連関連
   (8) 賀詞交歓会・講演会: 齋藤元農林水産大臣のご講演
   (9) 第 55 回全国研修会:四国初の開催
   (10)施肥技術講習会:「基礎・実学混合コーススタート」、「シニアマイスターメール倶楽部」発足

       

詳しくはこちら⇒令和元年全肥商連10大ニュース



●【お知らせ】「プラスチック資源循環アクション宣言」が農水省HPに掲載されました

 近年プラスチックごみによる海洋汚染が国際的な課題となり、農林水産省では海洋プラスチック問題の解決に向け、ホームページを立ち上げ、プラスチックを使用した各業界の製造・流通、利用に関係する企業・団体などに対し、自主的取組を「アクション宣言」として表明し対応することを促しております。

 肥料業界としましては、ご既承の通り被覆肥料の殻の流出防止が対象となり、既に日本肥料アンモニア協会と全国複合肥料工業会が連名で「アクション宣言」を表明し啓蒙に努めております。

 3月8日(金)に本会も肥料流通団体として肥料メーカー団体の活動方針に準じた「アクション宣言」を農水省に提出し受理され、下記の通り同省ホームページに掲載されましたのでご連絡致します。

 流出防止の具体的な方策に就きましては、日本肥料アンモニア協会が編集しました資料の中に、水田から濁水と被覆肥料の溶出後の殻を流出させない方法と、製造メーカーに対し包装容器に具体表示を記載し、注意喚起を促すことを明記しておりますのでご参照願います。

 全肥商連としましては、農業生産者に対し製造メーカーと共にその注意喚起を更に推し進め、流出防止に努め度会員各位への周知ご協力頂きますよう宜しくお願い申し上げます。


農林水産省のプラスチック資源循環-企業・業界団体の自主的取組の紹介ページ

全肥商連「プラスチック資源循環アクション宣言」

日本肥料アンモニア協会資料はこちら


●肥料受託配合に関する緩和措置についての通知

 肥料取締法では、肥料を自ら施用するために、肥料を自ら生産する行為(自家生産)を行う者については、生産業者に該当せず、農林水産大臣又は都道府県知事の登録を受ける義務等がないとして取り扱かわれております。

 今般、一定の要件を満たす受託配合について、自家生産の場合と同様に、業として行う生産に該当しないものとして取り扱うと、農水省より当会宛てに通知がありましたのでご連絡申し上げます。

 尚、正式文書は下記リンク先の通知にございますので、ダウンロードの上ご参照頂きたく、宜しくお願い申し上げます。


農水省のホームページはこちら

*肥料を自ら施用する者からの委託を受けて、肥料を配合する行為に係る肥料取締法上の取扱いについて
*肥料の施用者委託配合に関するQ&A

肥料の配合依頼書・配合報告書の様式例はこちら

*様式例(1)配合依頼書
*様式例(2)配合報告書


●肥料取締法に関する農水省との意見交換会

 農林水産省は、肥料取締法の規制緩和を実施するに当たり、行政と有識者のとの意見交換会を開始しました。
 1回目は11月17日(火)、2回目は12月13日(木)、3回目は1月30日(水)に開催しましたが、当日配布した資料につきまして、農水省のホームページに掲載されておりますのでご関心のある方は閲覧してみてください。

農林水産省のページはこちら⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_hiryo/kokankai.html


●【新刊「肥料の夜明け」出版ご案内】


 施肥技術講習会で大変お世話になっております渡辺和彦先生が、この度化学工業日報社より
新刊「肥料の夜明け」−肥料・ミネラルと人の健康−を出版されることになりました。
全肥商連会員各位は特別価格ということで、一割引にて購入出来ますので、ご興味の方は化学工業日報社のホームページからご注文を。


●【農林水産省「土づくり専門家リスト」】の公開について

 農林水産省では、農業者への土づくり技術の普及を目的に、土づくりに関する資格(土壌医、施肥技術マイスター)を有する企業について「土づくり専門家リスト」を作成しHPに立ち上げました。今回は申請時間の関係上確認の取れた一部の企業のみが掲載されております。また当該地域の農業者より土づくりに関するお問合せ等がありましたら、「施肥技術マイスター」として適切なるご指導を頂きます様、お願い申し上げます。


 詳しくはこちら
   ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/170531.html




●【普及組織と全肥商連会員会社等との連携先リスト】のデーター更新について

 農水省では、昨年度から普及組織と民間企業・団体等との連携リストを農水省のホームページで公開しています。全肥商連関係では27都道府県(県部会・会社)のデーターがアップされています。


 詳しくはこちら
   ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/hukyu/minkanlist.htm


 普及組織に対するサービスの詳細等も掲載された完全版リストはこちら(PDF : 324KB)
   ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/hukyu/attach/pdf/minkanlist-18.pdf



●農大式土壌診断「みどりくん」の特徴と使い方(動画)掲載


 農大式土壌診断「みどりくん」が新しいボトルになりました。それに伴って使い方の動画を作成、掲載しました。




●『一般財団法人 肥料経済研究所』 セミナー・講演資料

 一般財団法人 肥料経済研究所では、「季刊 肥料時報」を発行していますが、次の記事が掲載されました。
 肥料経済研究所の了解を得て、掲載させていただきます。
 下記の記事名のタイトルをクリックするとPDFが開きます。

 (1)【今後の農林水産行政の展開方向について】
            農水省大臣官房政策課 生産専門官 宮嶋 恭宏氏

 (2)【都市農業の振興について】
            農林水産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課 都市農業室 係長 松本 小夏氏
            資料1:都市農業振興基本計画について
            資料2:都市農業振興基本計画
            資料3:都市農業振興基本法のあらまし
 (3)【農業法人概要】
            公益社団法人 日本農業法人協会 参事 中澤 秀樹氏

●全国肥料商連合会企画・発行『環境・資源・健康を考えた 土と施肥の新知識』索引ページpdfのご案内(2015/3/9)

 本書第4刷(2015/03/05発行)より本書巻末に重要な用語400余を「さくいん」として納めました。3刷以前の本書をお持ちの方にもご利用頂けるよう、pdfとしてアップしました。以下よりダウンロードして保存のうえ、適宜出力してご活用ください(無料)。

全国肥料商連合会企画・発行『環境・資源・健康を考えた 土と施肥の新知識』索引ページpdf

『環境・資源・健康を考えた 「土と施肥の新知識」』詳細はこちら

●全肥商連では、2010年7月よりメールマガジンを発行して会員への情報サービスを実施しています。配信希望の方は会員コーナーのTOPページからご登録ください(会員コーナーへは全肥商連会員の方しかはいれません)。

更新情報

2020/6/2
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2020/5/28
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/12/25
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」(10大ニュース)を更新しました。
2019/12/06
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/10/28
 
組織案内、事業計画を更新しました。
2019/10/28
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/10/17
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/9/27
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/9/6
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/7/11
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/6/6
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/4/25
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
施肥技術マイスター制度の概要を更新しました。
施肥技術シニアマイスター/マイスター名簿(会員専用)を更新しました。
2019/4/10
 
業界展望 「有機肥料懇話会(3月)」を掲載しました。
2019/4/1
 
TOPページ、行事予定を更新しました。
2019/4/1
 
TOPページ行事予定を更新しました。
2019/3/11
 
TOPページ「TOPICS」を更新しました。
2019/2/25
 
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/1/31
TOPページの行事予定、「TOPICS」を更新しました。
2019/1/25
業界展望 「有機肥料懇話会(12月)」を掲載しました。

行事予定

(1)都道府県部会
◆ 2月26日(水)

徳島県部会総会
 徳島市:ザ・グランドパレス(山森)

(2)各都道府県部会の研修等の予定
◆ 3月 4日(水)

全肥商連九州 九州農政局との意見交換会
 熊本市:火の国ハイツ

(3)本部
◆8月19日(水)

 全肥商連理事会
 東京都港区 昭光通商アグリ会議室

◆9月 8日(火)

 全肥商連理事会及び定時社員総会
 東京都文京区 東京ガーデンパレス

◆11月 5日(木)〜6日(金)

 第30回施肥技術講習会
 静岡市葵区 静岡県産業経済会館

  • 食と農の健康研究所
  • 全国土の会
  • 全肥商連九州
  • 人を健康にする施肥
  • 土と施肥の新知識
  • 富士平工業(株):農家のお医者さん
  • 藤原製作所:RQフレックス
  • シーメンスヘルスケア:みどりくん
  • 堀場アドバンスドテクノ:LAQUAシリーズ