業界展望

統計情報

  • 業界展望トップへ
  • 前へ


有機肥料懇話会(6月)
全肥商連東京都部会東京市場有機肥料標準相場(第671回)

2019年6月30日


銘柄
成分
荷姿
受渡場所
単位
限月
価格(円)
4-6月
7-9月
高+ 安-
(植物粕肥料)
脱脂大豆
セミフレーク
20kg紙袋
関東持込渡
1t
当月
86,000
85,500
-500
菜種油粕
N5.3 P2 K1
20kg紙袋
関東持込渡
1t
当月
61,900
60,900
-1,000
脱脂米糠
 
20kgPP袋
関東持込渡
1t
当月
32,300
32,300
-
米糠
 
30kg紙袋
関東持込渡
1t
当月
27,300
27,300
-
(魚粕肥料)
肥料用魚粕
N7・P7
20kg紙袋
関東持込渡
1t
当月
159,000
159,000
-
肥料用魚粉末類
N7・P6
20kg紙袋
関東持込渡
1t
当月
144,000
144,000
-
(動物粕肥料)
蒸製骨粉(国産)
N3.5 P21
500Kgフレコン袋
工場渡
1t
当月
蒸製骨粒(輸入)
N3.5 P21
原袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
脱膠骨粉
P28
原袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
蒸製てい角粉
N13
原袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
蒸製皮革粉
N12
25kgPP袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
乾血粉
N12
20kg紙袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
肉骨粉
N6・P10
20kgPP袋
港頭倉庫渡
1t
当月
相場不建
相場不建
豚肉粕(国産)
N10
500Kgフレコン袋
工場渡
 
 
フェザーミール
N12
500Kgフレコン袋
工場渡
1t
当月
カニガラ粉末
N4・P2
20kgPP袋
戸前
1t
当月
※脱脂大豆は、4-6月単味価格を反映させて頂いています。

有機原料状況


植物粕相場

(1)菜種油粕
 2019年4月末在庫量59千トンから5月末在庫量61千トンに微増している。
 昨年同時期在庫数量を下記記載致しますが、大幅に増加していることが分かる。
 参考 2018年4月末在庫量 31千トン 2018年5月末在庫量 39千トン 
 7-9月大豆粕の商談は、約1,000円の下げで決定した。
 通常レベルであれば500〜800円下げで交渉がスタートするところですが、国産菜種粕の在庫量があること、7-9月は飼料・肥料用の出荷が悪いことなど考慮し、4-6月対比約1,000円下げで決定した。

(2)大豆粕
 7-9月の大豆粕の商談は、当初3,000円強の下げ水準でスタート切ったが、5月GW明けより輸入品価格の戻しがあった。
 輸入品(中国)の価格アップダウン理由としては、アフリカ豚コレラの影響で使用減による価格下落でスタートしたが、ブラジル大豆の価格高騰によるコストアップがあり、最終的には下げ幅が縮小された。
 結果、4-6月対比約1,000円下げで決定した。

(3)脱脂糠
 脱脂ぬかの5月末在庫量としては、約10千トンと適正在庫6千トンから見ると余り感が出ている。
 ただ、5-6月の生糠の入荷数量が予想以上に落ち込んでおり、最終的には若干の余り気味(関東はほぼ適正在庫)である。その為、7-9月は全国的に据置となったが、関東地区に関しては、運賃分500円/トン値上がりとなった。


 魚粉相場

 魚粉は、7-9月畜産・水産用共に据置で決定した。
 引き続き、国内原料の減少が続いており、物流費の高騰等環境は厳しい状況には変わりがないが、他の動物性原料の兼ね合いより据置となっている。

◎海外マーケット情報

【ペルー】
 第24週は、中国を含めたアジア向けに約3.0万トンが新規成約された模様。第24週末時点で今期漁生産見合販売数量は、約31万トンと予想される。
 ペルーの在庫が増加している中、漁獲ペースが減少に伴い、漁獲枠の進捗が鈍化している。
 売り手としては、売り急いでおらず、新規オファーは限定的である。



【チリ】
 チリは、引き続きイワシ類業が低調に推移していることから、新規のオファーは限定的となっている。

 

【産地相場価格】
 

ペルー スチーム 66% $1,400〜$1,450 FOB
ペルー スチーム 67%(ヒスタミン1,000) $1,580〜$1,630 FOB
ペルー スチーム 68%(ヒスタミン500) $1,630〜$1,680 FOB
チリ   68%(ヒスタミン500) $2,450〜$2,500 FOB

蒸製骨粉通関統計数量の推移
輸入数量(主要国)MT
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
合計
2019年(平成31/令和元年)
0
19
0
0
0
19
2018年(平成30年)
0
0
0
0
0
0
0
0
19
0
0
1
20
2017年(平成29年)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2016年(平成28年)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2015年(平成27年)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2014年(平成26年)
1
37
0
0
0
55
0
0
70
50
0
0
213
2013年(平成25年)
0
0
0
0
0
0
0
0
0
37
0
37
74
2012年(平成24年)
17
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
17
2011年(平成23年)
61
1
0
40
0
0
0
0
0
0
0
41
143
2010年(平成22年)
57
25
82
20
102
0
86
0
0
0
18
0
390
2009年(平成21年)
13
12
20
25
11
0
0
12
0
12
64
45
214
2008年(平成20年)
134
96
87
117
111
0
54
26
98
126
0
1
850
2007年(平成19年)
254
69
242
106
60
47
76
99
231
158
160
1849
3,351
2006年(平成18年)
227
163
84
82
265
165
199
140
188
127
48
62
1,750
2005年(平成17年)
192
271
170
122
267
152
162
157
87
211
112
202
2,105
2004年(平成16年)
484
345
260
210
421
442
389
595
298
572
380
595
4,991
2003年(平成15年)
189
268
160
350
450
338
310
420
333
367
374
328
3,887 
2002年(平成14年)
175
666
429
558
610
488
707
876
642
372
505
386
6,414

輸入数量(主要国)は中国、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマーからの集計数量です。

上へ
  • 業界展望トップへ
  • 前へ